小規模 北海道 貸金

小規模 北海道 貸金

  1. お金がすぐに欲しい
  2. 消費者金融カードローンで借りる
  3. 北海道の小規模な貸金業者から借りる
  4. ブラックでも借りれる?
  5. どうしてもお金が必要なとき

 

 

お金がすぐに欲しい

なんとかしてすぐにお金を作らなくてはいけない…そういったときはどうしたらいいでしょうか。まず身内や友人知人にお金を融通してもらうという方法があります。もっとも、友人とは言っても借りる額としたら数万円程度が相場でしょう。1万円くらいでしたらすぐに財布から出してくれることと思います。

 

しかし、それが数万円、例えば5万円位以上ということになると、お金を貸してくれというのも言いづらいですし、友人のほうもそれを言われると困ることでしょう。友人からお金を借りるのは、せいぜい3万円くらいまでと思ったほうがいいです。そして、必要なお金が3万円ということでしたら、友人から借りるのがベストでしょう。クレジットカードで3万円をキャッシングするという方法もありますが、キャッシングした翌日から金利手数料が発生してしまいます。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使うくらいでしたら、消費者金融会社のカードローンでしたら、初回に限り金利手数料が一切かからないサービスと、期間限定というのを抜きにしてそのサービスを提供しています。30日間無利息というサービスです。30日間でしたら、それまでに必ず給料日があります。必要なお金が3万円程度でしたら消費者金融会社のカードローンが一番いいかもしれません。

 

友人にお金を借りるとお礼をしなくてはいけません。恐らくクレジットカードのキャッシングで付いた利息よりもお礼で、食事をごちそうするほうが高くなるのは間違いありません。それでも消費者金融会社からお金を借りるよりは気が楽ですから、借りることができるのでしたら、友人からお金を借りたほうがいいでしょう。

 

しかし、貯金がまったくなく、3万円のお金も借りなくてはいけないという生活力の無さを責められるかもしれませんが、それも仕方のないことでしょう。お金がすぐに欲しいときは友人知人を頼るのが一番の得策と言えます。もっとも借りることができてもせいぜい3万円くらいまでが妥当です。それ以上になると友人知人とはいえ、難色を示すかもしれませんし、借りるほうも軽々しく口には出せないでしょう。それ以上の金額が必要になるときは身内を頼ったほうがいいでしょう。

 

また、借りる側のマナーとして借用書を前もって用意しておきましょう。親しき仲にも礼儀ありですし、借用書があると友人もすごく安心することでしょう。もちろん借用書の有無に関係なく借りたお金はしっかりと返すようにしなくてはいけません。

 

少しでも返済に対して甘い気持ちがあるようでしたら、友人知人を頼らずに銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。こちらは返済を怠ることで、社会的制裁を受けることになります。人からお金を借りるということはそういうことだということもしっかりと覚えておいたほうがいいです。

 

銀行と消費者金融会社でしたら、銀行からお金を借りたいと思うのは誰でもそうだと思います。しかし、銀行カードローンの審査は厳しくて誰でも気軽にお金を借りるということができません。

 

銀行からお金を借りる事ができる人はどういった人かというと、まず第一に信用のおける人です。そして安定した収入のある人です。これは銀行に限らず金融機関や貸金業者共通なのですが、安定した収入というのは銀行と消費者金融会社では解釈が違ってきます。銀行のほうがその解釈は厳しく狭い範囲となっているのです。

 

たとえばどういった人に銀行はお金を貸すかというと、雇用形態が正規雇用の人です。逆に考えると非正規雇用の人は銀行からお金を借りにくいということになります。収入の多い少ないということもあるのですが、それ以上に、雇用が会社から保証されているのか保証されていないのかが大きいです。

 

当然ですが、正規雇用の人は雇用が保証されています。無闇にクビになることはありませんし、望めば定年まで勤めることができます。これは終身雇用制とはまた違った意味合いです。一方の非正規雇用の人でしたら、雇用契約も有期になってしまいます。これはどういうことかというと定期的に会社と雇用契約を更新しなくてはいけないのです。

 

その頻度は3ヵ月毎、6ヵ月毎、あるいは1年毎です。そのときに会社の一存で更新しないという選択肢があったとしても、雇用が保証されている正規雇用の人とは違って、非正規雇用の人は会社の更新しないという姿勢に対しても文句を言うことはできないのです。それが非正規雇用ということです。

 

ですから、近年では非正規雇用の人を正規雇用者として雇うという流れになってきているのですが、依然として非正規雇用の人は多い状況に変わりはないようです。金利が低く、返済利息が少なくて済む銀行カードローンを誰もが借りたいと思うのですが、誰もが借りることはできないのです。

 

銀行カードローンの審査基準は厳しく、説明した通り正規雇用の人でしたら、銀行カードローンの審査に通ることができるのですが、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通るのは難しいと言えるでしょう。それでは、審査に通るにはどうしたらいいのかというと、必要金額を抑えるようにしましょう。

 

30万円欲しいというのでしたら、銀行カードローンに融資の申し込みをするときは10万円程度に抑えておくのです。10万円でしたら、審査に通るのはそれほど難しくはありません。そして、この10万円を遅滞なく返済するのです。そういった実績を積んでいくことで、銀行からお金を50万円借りることも可能となるでしょう。

 

また、銀行カードローンのデメリットとして即日融資に対応していないことが挙げられます。これはカードローン申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけないからです。照会情報を得るのに即日は無理で翌日以降になります。そのため物理的に即日の融資は不可能となったのです。ですから、すぐにでもお金が必要というときに銀行カードローンは早くても翌日以降ということになるのです。

 

 

 

消費者金融カードローンで借りる

すぐにお金が必要だという人にとって銀行カードローンは即日融資ができません。数日猶予があれば…というのでしたら、銀行カードローンも選択肢に入ってくるのですが、属性に不安のある人は銀行カードローンの審査に通るかどうかは未知数です。

 

また非正規雇用の人でしたら、利用金額を低めに設定することで審査に通りやすくなるのですが、高額の借り入れを目指すのでしたら、銀行カードローンに融資の申し込みをするのではなく、消費者金融会社のカードローンに申し込むようにしましょう。

 

それに、今回くらいしかお金の借入れ予定がないという人でしたら、尚更消費者金融会社のカードローンのほうがいいでしょう。というのも消費者金融会社のカードローンには30日間の無利息サービスがあるのです。初回だけという条件付きなのですが、一度きりお金を借りるだけで給料日に返済するという人でしたら、かなり使う価値のあるサービスです。

 

30日の間に給料日がやってきますからそのときに一括して返済すれば、利息はゼロです。ローンカードは発行されますから、それ以降はいつでもお金が必要なときに借り入れができます。かなり便利なサービスですから、一時的にお金が必要という人にはとても重宝するサービスといえます。

 

ローンカードがあれば借り入れしてしまうという人は廃棄してもいいですし返却してもかまいません。あれば使いたくなるので、必要な時がくればまた、カードローンの申し込みをしてもいいですし、大手消費者金融会社のカードローンはかなり使い勝手の良いローンといえるでしょう。

 

 

 

北海道の小規模な貸金業者から借りる

消費者金融会社はアコムやアイフル、プロミスにレイク、モビットといった大手消費者金融会社ばかりではありません。というよりも、むしろ大手消費者金融会社は、ごく少数派にしかすぎないのです。2,000社近くある消費者金融会社の中にあって、大手消費者金融会社は先に挙げた数社程度しかありません。他は全て中小消費者金融会社とさらに小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社なのです。

 

北海道は主要都市には、大手消費者金融会社の無人契約機がありますが、他には多くの小規模な貸金業者が点在しています。アコムなど大手消費者金融会社は、消費者金融会社の中でも審査が厳しくなっています。属性に不安のある人や、過去に延滞した履歴のある人は大手消費者金融会社のカードローンの審査に通りにくい人もいるでしょう。そういった人が北海道でお金を借りようと思ったら、中小消費者金融会社あるいは街金といった小規模な貸金業者からお金を借りるようにしたらいいのです。

 

こういった消費者金融会社でしたら、審査も緩く属性に不安のある人でも審査に通ることができるでしょう。総量規制にかかるようでしたら、これは法律ですから、貸し出しをすれば罰則があり、営業停止になってしまうので、収入の3分の1のお金を消費者金融会社から借りている人はそれ以上のお金を借りることはできません。ある程度返済すると借り入れ可能額が増えるので、その開いた枠を使ってお金を借りるようにしましょう。

 

反対に総量規制にかかるくらいお金を借りていて、さらにお金を貸してくれる業者があれば闇金を疑ったほうがいいでしょう。

 

 

 

ブラックでも借りれる?

北海道の小規模な貸金業者でしたら、審査は信用情報機関を通さない独自審査を行っているところが少なくないでしょう。この独自審査というのは、信用情報機関に申込者の信用情報を照会せずに、消費者金融会社が独自で審査を行うものです。そのため現在の属性のみを重視するので、すなわち電話による在籍確認がメインになります。

 

また、延滞から返済不能になり金融事故を起こしたブラックの人でも、ネットでは小規模な北海道の貸金ならお金を貸してくれるという風評があります。実際にネットの口コミサイトでもそういった書き込みがあるのです。ブラックの人もお金を借りることができたという投稿があります。そうなると誰でも借りることができるのかというとやはりそんなことはないようです。

 

債務整理にもいろいろあって、任意整理がよく行われるのですが、他には個人再生という方法もあります。結果として返済がまったくできないのであれば、自己破産ということになります。そういった金融事故を起こしたブラックの人は、債務が軽減されたり、金利が低くなったりして、寄返済しやすいような配慮を受けることになりますし、自己破産に至っては借金が帳消しになるのです。

 

そういった中で社会的制裁があるとしたら、新規での借り入れができないとか、クレジットカードが作れないといったものです。借り入れができないのとクレジットカードが作れないというのは、実際にそのような事態になったらかなり生活がしづらいです。ブラックでも借りることができるというだけで、北海道の小規模な貸金業者といえども必ずブラックでも貸してくれるというわけではないようです。

 

 

 

どうしてもお金が必要なとき

債務整理などで属性が低くなり、独自審査をしてくれる貸金からも融資を受けることができないときは、そこで万策尽きるわけではありません。

 

ネットの個人間融資掲示板では、個人での貸借りができるのです。金利など返済利息が高くなることがありますが、返済利息という概念よりも1万円貸したら千円付けて返済してといった具合な大雑把なものが多いです。

 

消費者金融会社で借りると、年利は最大で20%ですから、1万円を1年借りていたら1万2千円を返済しなくてはいけません。そういったことも念頭にいれながら、あまりにも法外な返済利息を求めるような人からはお金を借りないようにしたほうがいいでしょう。個人間なのでリスクもありますが、実績のある人からお金を借りると多少安心感があります。