審査落ち 原因

審査落ちになる原因はコレだ

お金を借りたい時にカードローン派ですか?消費者金融派ですか?
この2つの違いは金融機関によるもので、キャッシングという点でも、申込みの手軽さなどの内容はほとんど同じです。

 

ただ、審査の点では、銀行カードローンの方が多少厳しいと言われています。
審査の内容は、本人の収入や仕事(正社員かどうか・勤務年数など)ですが、信用情報として保証会社の照会が存在します。
銀行の融資になると、この部分が厳しくなるようです。
国内では、いくつか信用情報機関が存在し、そこで様々な情報がありますが、借入の返済状況などが大きなポイントになります。

 

過去に返済滞納経験があったり、債務整理をしたりという事故情報などの金融に関する情報が主ですが、貸金業を行っているところでは、ここでの情報は最重視します。
ここの事故情報は俗語で言うとブラックリストに載る、ブラックを意味します。

 

ここの情報で、その金融機関の基準に満たない場合は、審査に通らないということになります。
消費者金融で審査に通らないと言うのは、事故情報の可能性派とても高いのです。

 

過去にそのようなことがなくて、審査に通らないのであれば、現在の収入が問題でしょう。
総量規制があり、年収の3分の一以上の融資はできませんし、消費者金融によっては、正社員や所得証明の書類が提出しなければならない所もあります。
ですから、アルバイトなどの場合、その証明ができずに、審査が通らない事があります。
銀行の場合、その基準はもっと厳しいものになります。

審査落ちになる原因はコレだ関連ページ

身の覚えのないブラックとは?
ある時、カードローンに申し込みをしたら見事に審査に通らない、その足で消費者金融のアコムに申し込みに行ってみた。そうしたら、ここでも審査に通らない。信じられないことに、融資をしてもらえなかった、たった10万円だったのに。
審査に通らない原因を自分で探る
カードローンや消費者金融の審査が通らないかどうか、自分で信用情報機関を確認する方法があります。例えば、持っているカードの使用ができない、消費者金融の申し込みもできない、カーローンで断られる、スマホの月賦ができないなど、自分でどうしてかわからない方、あなたはブラックリストに載っているかもしれません。
審査の通らない事態を受け止める
銀行系の審査は一応に厳しいと言われています。特に、◯◯銀行カードローンなどは、安い金利設定ですが、収入の安定さが強く求められます。一方、消費者金融の審査も収入では考慮しますが、アルバイトや専業主婦でも手軽に借りやすい内容になっています。ただし、この時の借入限度額は低いのは当然ですが。
審査が通らないときには債務整理がベスト
借金返済の苦慮している場合、最初に行うのは、他社の消費者金融に借入をするのではなく、債務整理がおすすめです。借金返済の延滞はあってはならないことですが、収入の関係上、払えないものは払えないと開き直る方もいます。そのまま延滞を続け、督促がきたとしても対応しない場合、様々な異変が起こってきます。