消費者金融 審査は甘い

消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど

キャッシングの申込者に対しての審査は、厳正に行われます。

チェックするのは収入で少なくても安定していることが大原則です。
今では、パートやアルバイトの方も融資ができる環境になっていますが、審査が甘いと勘違いされがちです。
このパートやアルバイトの場合は、限度額を小さくすることで、返済できる範囲内のキャッシングが可能になっているだけで、年収100万円の方に1000万円ものキャッシングという事はありえない話です。

 

銀行よりも消費者金融の方が借りやすいとされていますが、総量規制と言って年収の3分の一以上の借入は絶対に出来ません。
ですから、年収100万円のパートの方は、消費者金融でも30万円程度のキャッシングしか出来ないことになっています。
これが銀行カードローンの場合でもだいたい同じです。

 

銀行と言えば、住宅ローンも扱っていますが、審査はとても厳しいとされています。
キャッシングとは違い、何千万円というキャッシングになりますが、消費者金融で言う総量規制なんていう話ではありません。

 

銀行では銀行法と言って、消費者金融にはない法律にのっとった貸金を行うのですが、住宅ローンのように大金の貸出については、慎重に審査が行われています。
銀行によって審査内容は大差があるものの、厳しい審査になるほど貸付金利が下がります。
住宅ローンの場合、0.1%の金利でも返済総額が大きく変わります。

 

銀行のこうした審査は消費者金融にはない厳しいものがあるとして、消費者金融よりも多額のキャッシングやローンが組めるようになっています。
簡単銀行カードローンにしても、その名残りなのか、どうしても消費者金融よりも審査内容は厳しくなっているのが特徴です。
その変わり金利が低いものが多いです。

 

銀行・消費者金融の審査では、個人信用情報機関などの照会がポイントですが、ここで金融事故がある場合、審査は通らないことが多いです。
その金融事故も10年以上経っていれば、記録はあるものの信用は取り返していることもあるということです。
ただし、銀行での住宅ローンに関しては、10年前の債務整理などは掘り下げられ、ローンが組めなかったのではないかと推測される場合もあります。
推測にすぎないのは、各金融機関で審査結果についての好評は一切していないですから、予想に過ぎなすのですが。

消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど関連ページ

銀行と消費者金融の審査の違い
キャッシングをしようかなというとき、今ですと消費者金融や銀行カードローンが簡単に申し込めます。この時に気になるのが、どちらのキャッシングが良いか?というところでしょう。この2つの金融業者は、それぞれ法律が違います。消費者金融は貸金法、銀行カードローンは銀行法です。ですから、審査内容が違うのですが、消費者金融の方が借りやすいとされています。
審査の内容はこんな感じかな?
キャッシング会社や消費者金融では、すぐにお金を借りることができるメリットがあります。給料日まで数日間のつなぎキャッシング、即日での振込などサービスも充実しています。また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合も、お買い物をするように簡単にキャッシングが出来ます。
銀行と消費者金融、どちらが良いの?
オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明不要で、最高800万円までの融資ができるようです。一体800万円の融資を受けるにはいくらくらいの年収が必要なのでしょう?最近銀行カードローンのバナーや宣伝が多いですが、本当に多額の融資の場合の最低年収が知りたいです。