審査 内容

審査の内容はこんな感じかな?

キャッシング会社や消費者金融では、すぐにお金を借りることができるメリットがあります。

給料日まで数日間のつなぎキャッシング、即日での振込などサービスも充実しています。
また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合も、お買い物をするように簡単にキャッシングが出来ます。
消費者金融でも、このような簡単にキャッシングができるのは、来店の必要がなく、インターネットでの借入がすぐにできるからです。
特にスマホからの申込がすぐにできるなど、サービス充実で、お金を借りているという意識が薄れる懸念があるくらいです。
しかし、このキャッシング行為は、決して悪いことではなく、返済日に利息を付けて返済をしたのなら、生活に余裕が出来たり、急な出費に使える便利なものです。

 

簡単にキャッシングができる方はあまり意識しないことですが、お金を借りる申込をした時には、金融機関で審査を行います。
本人が申告する情報(勤務先や年収)と過去の借金状況です。
どのような方でも行うことですが、今住宅ローンやカーローンの支払いをしている、先月お買い物でクレジットカードを使ったなどの借金と返済の状況を即座に調べることが出来ます。
ここで健全な返済をしている方については、即日融資でも一応希望金額のキャッシングも可能です。

 

消費者金融では、その審査をすぐに行ってくれるところが多いです。
過去に返済を正常に行っている方は大丈夫ですが、必ず行われるものに在籍確認があります。
これも審査の一つで、記載された勤務先に在籍をしているか確認するだけです。
個人名で◯◯さんはいますか?と言うものです。
もちろんそこに居なくても良く、勤務先の方がその方がいることが証明できれば良いのです。
先月辞めました、もう居ません、そんな方居ませんよと言われたとしたら、審査は通らないことになります。

 

消費者金融では必ず行われる在籍確認ですが、後の項目で問題がある方の場合、ここまでの審査の前でキャッシングはお断りになります。
また、総量規制の関係から、多重債務の方の場合も、在籍確認までいかないことが多いです。
銀行でも同じような審査になりますが、その内容は消費者金融よりも厳しいというのが一般的な意見です。
銀行カードローンでダメで、消費者金融の審査には通ったという口コミがとても多いです。

審査の内容はこんな感じかな?関連ページ

銀行と消費者金融の審査の違い
キャッシングをしようかなというとき、今ですと消費者金融や銀行カードローンが簡単に申し込めます。この時に気になるのが、どちらのキャッシングが良いか?というところでしょう。この2つの金融業者は、それぞれ法律が違います。消費者金融は貸金法、銀行カードローンは銀行法です。ですから、審査内容が違うのですが、消費者金融の方が借りやすいとされています。
消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど
キャッシングの申込者に対しての審査は、厳正に行われます。チェックするのは収入で少なくても安定していることが大原則です。今では、パートやアルバイトの方も融資ができる環境になっていますが、審査が甘いと勘違いされがちです。
銀行と消費者金融、どちらが良いの?
オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明不要で、最高800万円までの融資ができるようです。一体800万円の融資を受けるにはいくらくらいの年収が必要なのでしょう?最近銀行カードローンのバナーや宣伝が多いですが、本当に多額の融資の場合の最低年収が知りたいです。