銀行 消費者金融、どちらが良い

銀行と消費者金融、どちらが良いの?

オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明不要で、最高800万円までの融資ができるようです。

一体800万円の融資を受けるにはいくらくらいの年収が必要なのでしょう?
最近銀行カードローンのバナーや宣伝が多いですが、本当に多額の融資の場合の最低年収が知りたいです。
これが消費者金融の場合、800万円を借りられる方は年収が2400万円以上の方なのです。

 

総量規制

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収の3分の一までの融資しか受けることができません。
ですから、オリックス銀行カードローンの場合の800万円ですと、2400万円になるのです。
実際には、銀行の審査ですと、そこまで高い年収じゃなくても良いとされていますが、かなり高くなければならないのです。
ということは、総量規制のない銀行の方が審査はゆるい?と考えがちです。

 

審査の内容

銀行も消費者金融も具体的な審査内容は教えてくれません。
ですから予想でしかないのですが、銀行での即日融資に関しては、あまりないとされています。
審査に時間をかけるのですが、年収とかけ離れたカードローン申込に関しては、即答で審査落ちを聞かされます。
一方、消費者金融の場合は、即日融資が多いのか特徴です。
一定金額のキャッシングには所得証明を必要としますが、WEBで送ったり、自動契約機などでの書類送付でも対応しています。
そして、総量規制範囲内のキャッシングは決まりきっていますから、多額のキャッシングは、当然高い年収でなければなりません。
しかし数字は決まりきっているということです。
ということで、消費者金融の方がわかりやすいし、審査も通りやすいのです。

 

消費者金融の方が審査は甘い理由

いろいろとありますが、即日融資で顧客を増やしたい。
少しでも高い金利でキャッシングをさせて、利益を上げたい。
などが挙げられています。
そして、消費者金融というと、なんとなくイメージが悪いので、CMなどで明るさをアピールしたり、銀行の傘下の入ることで信用度も上げたいなどの理由が考えられます。
銀行は、カードローンだけが利益ではないというのも、消費者金融のほうが審査が甘い理由の一つとされていますが、いずれにしても、審査に通らなければならないですから、今の自分で果たして借りることができるのか?それが問題です。

銀行と消費者金融、どちらが良いの?関連ページ

銀行と消費者金融の審査の違い
キャッシングをしようかなというとき、今ですと消費者金融や銀行カードローンが簡単に申し込めます。この時に気になるのが、どちらのキャッシングが良いか?というところでしょう。この2つの金融業者は、それぞれ法律が違います。消費者金融は貸金法、銀行カードローンは銀行法です。ですから、審査内容が違うのですが、消費者金融の方が借りやすいとされています。
消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど
キャッシングの申込者に対しての審査は、厳正に行われます。チェックするのは収入で少なくても安定していることが大原則です。今では、パートやアルバイトの方も融資ができる環境になっていますが、審査が甘いと勘違いされがちです。
審査の内容はこんな感じかな?
キャッシング会社や消費者金融では、すぐにお金を借りることができるメリットがあります。給料日まで数日間のつなぎキャッシング、即日での振込などサービスも充実しています。また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合も、お買い物をするように簡単にキャッシングが出来ます。