銀行 消費者金融 審査の違い

銀行と消費者金融の審査の違い

キャッシングをしようかなというとき、今ですと消費者金融や銀行カードローンが簡単に申し込めます。
この時に気になるのが、どちらのキャッシングが良いか?というところでしょう。
この2つの金融業者は、それぞれ法律が違います。
消費者金融は貸金法、銀行カードローンは銀行法です。
ですから、審査内容が違うのですが、消費者金融の方が借りやすいとされています。

 

消費者金融とは

消費者金融とは、職業と年収の保証がある20歳以上の方であれば原則利用ができます。
審査は、銀行よりも甘いとされているのは、はっきりとした違いはないものの、銀行カードローンの審査に落ちた方でも消費者金融でのキャッシングができたという点を信じるしかないでしょう。
しかし、総量規制と言って、限度額が年収の3分の一までになっていて、銀行カードローンよりも金利が高め設定になっています。
収入があることが大原則であり、無収入、専業主婦の利用はできないことが多いです。

 

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、総量規制がないことは消費者金融と違う点です。
ですから、限度額設定した上で、専業主婦でも持てます。
審査は、個人信用情報機関の照会により、問題がなければOKで、この点は消費者金融にはない審査です。
しかし、総量規制がないため設定限度額が大きくなる場合は、審査も厳しく年収などのチェックで、簡単に借りられないとされています。

 

いずれの金融機関も個人信用情報機関の情報はしとても大切で、過去の債務整理や滞納・遅滞・延滞などがあることで審査の通過率は下がります。

 

消費者金融の中には、審査規準が厳しいものから甘いものまであります。
銀行カードローンで審査ダメ、大手消費者金融のダメな場合、中堅消費者金融の審査で通る場合が多いです。
この審査内容は、大手消費者金融で審査が通らない個人信用情報機関での金融事故情報があったり、債務整理をして間もない方などもキャッシングができることが多いです。
しかし、無収入であったり、総量規制以上の借入は断固として受け入れられないとされています。

 

審査が甘いとされる消費者金融ですが、収入と総量規制のラインだけは固辞しているなど、きちんと一線を画した審査を行っているのが通例です。

銀行と消費者金融の審査の違い関連ページ

消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど
キャッシングの申込者に対しての審査は、厳正に行われます。チェックするのは収入で少なくても安定していることが大原則です。今では、パートやアルバイトの方も融資ができる環境になっていますが、審査が甘いと勘違いされがちです。
審査の内容はこんな感じかな?
キャッシング会社や消費者金融では、すぐにお金を借りることができるメリットがあります。給料日まで数日間のつなぎキャッシング、即日での振込などサービスも充実しています。また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合も、お買い物をするように簡単にキャッシングが出来ます。
銀行と消費者金融、どちらが良いの?
オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明不要で、最高800万円までの融資ができるようです。一体800万円の融資を受けるにはいくらくらいの年収が必要なのでしょう?最近銀行カードローンのバナーや宣伝が多いですが、本当に多額の融資の場合の最低年収が知りたいです。