キャッシング審査落ちた

キャッシング審査落ちた

  1. キャッシング 審査落ちた 信用情報
  2. キャッシング 審査落ちた 収入
  3. キャッシング 審査落ちた 体験談
  4. キャッシング 審査落ちた 延滞
  5. キャッシング 審査落ちた 勤続年数

キャッシング 審査落ちた 信用情報

消費者金融の口コミサイトや、審査に落ちてしまった場合などに審査の甘い消費者金融を探していたりするとよく目にする言葉があります。信用情報という単語です。
信用情報というのは主に信用情報機関の事を指しています。
信用情報機関にはJICC、CIC、KSCなど色々とあり、何れも銀行や貸金業者などが申し込み者の審査をする際に照会する機関です。

 

ここにはどんな情報があるのかというと、申し込み者の申込情報や過去の金融事故歴などです。
金融事故とは借金の返済が遅れて延滞となった場合や、返済ができなくなり自己破産したというような債務整理情報などが記録されています。
一般的にブラックリストにのったというのは、ここに事故情報が記録される事を指します。
一度事故歴が記録されてしまうと、完済しても数年は消えません。
もし過去に延滞などの経験があるのであれば、審査に落ちた要因のひとつになっているかもしれませんね。
この信用情報機関は金融会社は必ず見るという事なんですが、自分でも確認する事ができます。
ただしそんなに簡単ではないので少々面倒です。気になる方は一度見てみてもいいでしょう。

 

さて、もし事故情報が記録されていてあなたがブラックだった場合キャッシング審査に通る方法は残されていないのでしょうか?
もちろんそんな事はありません。
融資の可能性が高いのが街金を利用するという事です。
街金を始めとする小規模金融業者、いわゆる中小消費者金融系に分類される業者の審査基準というのは大抵激甘です。
アコムやプロミス、レイクなどの大手消費者金融で審査に通らなかったのに、中小業者では一発で審査に通ったという話もよくあります。

 

ただ、普段街金などを意識する事はないと思いますので、どこに申し込んでいいのか分からないですよね。
そういう場合は消費者金融の口コミサイトやランキングサイトなどで確認してみるといいでしょう。
見つけにくい場合は「街金 おすすめ」などのキーワードで検索しても見つけやすいでしょう。

 

▲メニューに戻る

キャッシング 審査落ちた 収入

総量規制という言葉を聞いた事がありますか?
2010年から開始された金融庁管轄の貸金業法のうちのひとつです。
ローン利用者の借金の総額が年収の3分の1を超える貸付けをしたらダメですと規制する法律です。
申し込み者の年収300万円、他社借入金額が100万円という場合は貸付けをする事はできないという事になります。

 

ただし住宅ローンや自動車ローンなどの担保が付くようなものの高額ローンは対象外ですので、殆どはフリーローンなどの用途が決まっていないローンの総額を指します。
つまりもしあなたがこの総量規制にかかっていて審査に落ちた場合、解決方法は限られます。

 

まず、借金を返済して借入額を減らす。
もしくは収入を増やす。会社員などの場合は固定給ですので急に年収がアップという事もないので現実味がありませんが、例えば短時間でもアルバイトをしてみるという方法もあります。
とにかく収入を増やせば分母も増えますので借入可能枠が増えるという事になりますね。
更にそのアルバイトで稼いだお金で借金返済もすればドンドン借入枠を増やす事ができますので、これが一番ですよね。

 

または数社から借りている場合、これらのローンをまとめローン(借り換えローン)で一本化してしまうという方法です。
何社にも返済していると毎月かなりきつくなりますので、まとめるとかなり楽になります。
また、このまとめローンは総量規制対象外ですので、誰でも利用する事ができます。

 

ローンを一本化するだけではキャッシングできたわけではないので、使えるお金が増えないじゃないかと思われるかもしれません。
しかし毎月の返済が減るので自由に使えるお金が増えますよね?
まとめローンは多重債務者の救済措置ですので、まとめてもらえるだけでもありがたいのです。
高望はしないようにしましょう。

 

また、まとめローンのデメリットとして、まとめローンを利用して返済した消費者金融などの金融業者は返済後一度解約となりますので注意しましょう。

 

▲メニューに戻る

キャッシング 審査落ちた 体験談

キャッシングの審査通過率をご存知ですか?審査が甘いと言われている消費者金融であっても大手なら5割弱、中小でも6割程度なんです。つまり消費者金融全体で平均すると半分程度の人は審査に落ちているんですね。
そんな審査に落ちてしまった人の声が口コミサイトなどには書かれていたりますので、要点のみを集めてみました。
今後の参考になれば幸いです。

 

@レイクの審査に申込ました。ブラックではなかったのですが、派遣で働きだしたばかりでしたので勤続年数が短すぎて落ちたのかもしれません。

 

ACMで有名な赤い看板の某消費者金融に申し込みました。在籍確認があったようですが、事務員が答えられないと言ったそうです…事前に伝えておくべきでした。

 

B携帯料金未納でブラックになるとは知りませんでした。多分それが原因で落ちたみたいです。払ったらもう一度申し込んでみます。

 

C銀行カードローンで100万円近く借りていて、限度額いっぱいになったのでアコムで申し込みましたがダメでした。

 

Dプロミスで落ちました。年収は350万程度はあるのですがダメでした。家族や配偶者にブラックがいるとダメなんでしょうか??

 

EバイトでもOKと書いているキャッシングで落ちました。やっぱ昔踏み倒してそのままにしているからダメだねー。

 

F住宅ローンとか自動車ローンってキャッシング審査に関係ないって聞いたけど?なんで落ちるんだよ!アコムめ!

 

G半年前にクレジットカードで延滞して解約になったのが悪かったのか何社申込んでもダメぽ。

 

色々みなさん事情がおありのようですね。
ひとつ言えるのは申し込み者が延滞系のトラブルを起こしているとまず通りません。
ただそれはあくまで銀行や大手消費者金融の話で、街金サラ金などの中小消費者金融では審査に通る可能性は十分あります。
規模の小さな貸金業者は審査を甘くして顧客獲得に奮闘していますので、ブラックでも度合いによっては普通に貸してくれますので一度申し込みしてみる価値はアリです!!

 

▲メニューに戻る

キャッシング 審査落ちた 延滞

貸金業者が一番嫌がるのは融資したお金が回収できない事です。
例えば友人が給料日前なのでお金を貸して欲しいと言ってきたとします。
そこで以前お金を貸した時にうやむやにされていたり、かなり催促しないと返してくれなかった経緯があったとします。
そんな事があったらいくら友人でも正直貸したくないというのが本音ではないでしょうか。

 

金融業者も一緒で、返済の遅延があったり以前債務整理をしている人、いわゆるブラックの人にはできればお金を貸したくないのです。
最近では携帯電話料金の未納などがあるとそれも返済の遅延として信用情報機関に記録されてしまうのでブラック扱いになる事もあります。
ですので、もしあなたにもそういう心あたりがあるのであれば、キャッシングの審査に落ちた理由はそのあたりかもしれません。
返済の遅延などの記録は例え1回だったとしても記録に残り、支払った後でもしばらくは残ってしまいます。
その記録が消えるまではブラックという扱いになるので、できるだけ支払いは先に済ませるクセを付けるようにしましょう。

 

さて、そんなブラック属性の人を相手にする業者は全くないのかというとそうでもありません。
サラ金などの中小消費者金融ではブラック対応している会社も多いのです。
ブラックでも借りられた、何社も落ちたけど○○社では審査に通ったという話は良く耳にします。

 

ただし、サラ金の公式サイトなどを見ても「ブラックOK」のような表記はありません。
ですので、ブラックでも貸してくれる業者をどうやって見つけるのかというと、消費者金融ランキングサイトや口コミサイトです。
こういったサイトでは今一番オススメな金融会社を教えてくれています。
もしあなたが今までサラ金などでカードローンの申請などをしたことがないのであれば是非一度利用してみてくださいとオススメします。

 

サラ金は怪しい業者だから申し込み者情報を抜き取られるに違いない!と誤解している人も多いようですが、全くそんな事はありませんので気軽に申し込んでみましょう。

 

▲メニューに戻る

キャッシング 審査落ちた 勤続年数

キャッシングの審査は収入や他社借入金額などがそれなりのウェイトを占めます。
また、貸金業者は貸付けて利息を合わせて回収する事で利益を得ますので、返済能力などをしっかりと審査します。
この返済能力という言葉には色々な意味合いがあります。

 

≪安定した収入がある事≫
お金をしっかり回収するには安定した収入が見込める人でなければいけません。
例えばアルバイトよりも社員の方が安定するでしょうし、アルバイトでも派遣の日雇いよりも直接雇用のアルバイトの方が安定します。
特に日雇いなどは明日仕事を紹介してもらえる保証はありませんので、審査としては安定した収入という面では該当しません。
さらに勤続年数も関係します。
5年10年勤務している人と、入社したての人では信頼性は全然違います。
金融業者によって審査基準が違いますので何とも言えませんが、一般的に1年未満だと審査時にマイナスになってしまうという場合が多いようです。

 

≪金融事故者ではない事≫
金融事故者とは個人信用情報機関というところに事故情報がある人の事を指し、一般的な言い方をすると「ブラックリストの人」です。
先ほども言った通り、銀行、信用金庫などの金融機関、消費者金融、カードローン会社など全ての金融会社は利息までしっかり回収してはじめて利益がでます。
しかしブラックの人というのは返済遅延があったり、借金の返済ができずに債務整理を行った人、つまり借金を踏み倒した人という事になりますので、いくら現在の収入が高くてもしっかり返済してくれるかというとかなり疑問点が残ります。
つまりブラックは返済してくれないだろうという大きなマイナス査定となってしまいます。

 

このようにキャッシング業者では返済能力という視点で色々と審査します。
この審査で一番寛容なのが中小消費者金融で、時にはブラックでも収入が安定していれば貸しますという業者も多いので、もしキャッシングに落ちたのが大手消費者金融などであれば、一度街金などと呼ばれるような中小消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

▲メニューに戻る