キャッシング 審査が全然通らない

キャッシング 審査が全然通らない

 

  1. 審査が厳しくてなかなか借りることができない…
  2. 審査に通らないってどういうこと?
  3. それじゃ審査に通るにはどうしたいい?
  4. 何が何でも借りたいときは
  5. ひょっとしたら金融事故を起こしているかも…

審査が厳しくてなかなか借りることができない…

お金がなくなると借りたらいいというのが借金体質の人に共通していることです。それはそれでもいいのですが、借金体質の人の行く末は借金を借金で返済するようになることです。さらに進むとお金が回らなくなって自己破産ということになるのです。銀行などの金融機関もそういうことになることが分かっているので、多重債務など他社借入が複数あるような人からの融資の申込みには難色を示すというわけですね。お金の貸し借りというのは信用が第一ですから、返すあてのない人にお金を貸したくないものです。それも何十万何百万というお金になったら、融資に慎重になるのもわかるというものでしょう。他社債務や多重債務という信用情報は信用情報機関に紹介することでわかります。融資を受ける人はローンの申し込みをするときに、個人情報を契約書に記載しなくてはいけません。その個人情報から信用情報機関は調査を行い、多重債務などの他社借入があるかどうかがわかるのです。銀行カードローンに融資の申込みをすると、信用情報機関に照会することで銀行は申込者の信用情報がわかるということです。

 

カードローンの功罪

前述したように銀行は多重債務を嫌います。これは、申込者が借金体質なのではと勘ぐるのもそうです。そして、3つ以上借金があると、借金の返済のために借金をしているでのはないかと思うからです。実際に多重債務者の多くは借金を借金で返済している人が多いです。カードローンの仕組みにもよるのですが、限度額内であれば、いくらでも入出金ができるのもカードローンの功罪といってもいいでしょう。カードローンで融資を受けて、返済を続けていくと融資可能額というのが増えていきます。そうすると、そこまでは借りてもいいということですから、どうしても誘惑にかられてというか買い物した差にローンカードで出金をしてしまうのです。結局はその繰り返しになってしまって、一つのカードローンは常に利用可能額が上限いっぱいということになるのです。カードローンをそのように使えるのは仕組みがそうなっているので仕方がない面があるのですが、常に利用可能額がゼロになっている状態は当然ですが銀行にもわかりますし、信用情報機関にもわかりますから、その状況を好ましい状況とは金融機関も貸金業者も思わないのは間違いありません。

 

審査に通らないということはどういうこと?

審査の内容はトップシークレットと言ってもいいです。公表するということは個人情報を発表することに等しいですから絶対にあってはいけないことです。申込者本人には連絡してもいいのでは?という意見もあるでしょう。申込者本人も審査に落ちた場合、どこが問題になったのか気になるところでしょう。そして、審査に落ちた理由がわかれば次に申し込みをするときにその点を気をつけたらいいからです。ですから、審査に落ちたときは誰もが理由を知りたいところなのですが、それが公表できないのは、ひとえに金融機関や貸金業者それぞれに審査基準が違うからです。それは審査に厳しいとされる銀行でも銀行によって審査基準が違うのです。それは、こちらの銀行の審査基準が甘くて、向こうの銀行の審査基準が厳しいというわけではありません。トータル的に銀行の審査は厳しいのですが、審査基準というのは数多くの項目から成り立っているのです。その一つ一つの細かな項目の審査に必要なポイントが違っているということです。審査には信用情報機関から得られる信用情報が大きなウエイトを占めているのは間違いありません。これは、銀行にしても消費者金融会社にしても、申込者の得られる情報は全く同じものです。ですから、その得られた信用情報からどのように審査を行うかは金融機関、消費者金融会社のそれぞれの裁量によるということなのです。

 

金融事故を起こしていると審査には通らない

よくあるのですが、金融事故を起こしているのに融資の申込みをする人です。ローン会社は金融事故を起こしている人に融資をすることはありません。金融事故というのは、ローンカードやクレジットカードが利用停止になっている人です。これは、滞納などで一時的に利用停止になるということではなく、そのローンカードやクレジットカードが永久的に使えなくなることを意味しています。滞納も一度や二度では大丈夫…というわけではないのですが、多少は情状酌量があるようですが、それでも、何度も滞納するとローンカードが永久的に利用停止になります。さらに、返済しなかった場合は簡易裁判所に訴訟を起こされることになるのです。これは債務整理になると言うことを意味します。カードの利用を停止して、これからどのように返済していくのかを話し合うものです。利用者にとって唯一メリットがあるとしたら、返済する際の金利が低くなることで、返済しやすくなることでしょう。もっとも、金融事故を起こしたのですから、それ以降は融資を受けることができなくなりますし、利用しているクレジットカードも全て利用停止になります。これが社会的制裁ということなのです。
そういった状況になっても、さらに融資の申込みをしようとしても審査に通ることはないのです。

 

▲メニューに戻る

 

審査に通らないってどういうこと?

前述したとおり金融事故を起こしていたら審査に通ることはありません。もっとも、審査に通る通らないというのは銀行は消費者金融会社が決めることであって、信用情報機関が決めることではないのです。ですから、信用情報機関は債務者のお金の流れを記録しているだけで、照会があればそれを銀行や消費者金融会社に公表しているのです。そして、金融事故を起こしているから融資を受けることはできないというのは法律で決まっているわけでもないのです。それも含めて銀行や消費者金融会社が審査を通る通らないというのを決めているということです。もっとも金融事故というのはわかりやすいものです。信用情報機関に照会すればすぐにわかりますから、それを持って審査NG融資NGということになるのです。

 

金融事故以外に審査に通らないことって?

それは、個人個人の属性によって審査に通る通らないが起こります。簡単な例では収入があげられます。申し込みをするときに勤務先の会社を記入するのですが、その際に収入もかかなくてはいけません。これは年収なのですが、これも属性に大きく影響します。年収が600万円の人と100万円の人では属性に違いがあって当然だからです。事故情報は有無を言わさず融資NGということになるのですが、他の属性は様々です。これは銀行や消費者金融会社によって評価がかなり変わってくるのです。勤務先状況では、公務員の属性が最も高くなります。続いて大企業、中小企業、パートアルバイト、主婦・学生、無職の順になるのです。複雑にしているのが銀行系と消費者金融系では、審査基準が違うということです。消費者金融会社では大企業と中小企業の格差が無い場合が多いですし、パートアルバイトの括りも広くなりがちです。収入についても学生や、主婦などのように収入が限りなくゼロに近い状況でも融資ができるのです。この点から、銀行は審査が厳しく消費者金融会社の審査は甘いと言われているのです。 

 

申込者にとって審査に通るか通らないかというのは大事な問題です。特にお金の融通ができなければ、たちまち支払いに困ってしまうという場面もあるでしょう。本人の信用に関わってくるのですが、融資をしてもらえないというのはすでにその人の信用が失墜していることを意味しているのです。金融会社にとっての至上命題は融資したお金の回収です。そして、それにたくさんの利息がついていればそれがそのまま業績になるからです。反対に申込者が返済不能になってしまうと、融資したお金がそのまま焦げ付いてしまうことになりますから、貸し倒れとなりそれがそのまま負債となってしまうのです。昔の言葉でいうと不良債権ということですね。

 

▲メニューに戻る

 

それじゃ審査に通るにはどうしたいい?

どうしても審査に通らない場合は気ばかり焦ってもしょうがありません。また、気をつけなくてはいけないのは、片っ端からカードローンの申し込みをすることです。まず、消費者金融会社なら審査に通るかもと思って申し込みをすることでしょう。それでも審査に落ちてしまう…どうしてかというと総量規制で引っかかっている可能性が高いです。すでに他の消費者金融会社のカードローンを利用している場合は、自分の年収とその融資残高を計算してみましょう。総量規制は年収の3分の1までしか借り入れできないという規制です。ですから、300万円の年収の人であったら総額で100万円までの借入れしかできないのです。それはカードローン会社が教えてくれるわけではありませんから、自分でしっかりと把握しておく必要があります。何度申し込んでも消費者金融カードローンの審査をパスできないというときは総量規制で引っかかっている場合が多いのです。また、何度も金融業者に融資の申込みをすると、借入額の総額も気になるのですが、それ以上に何度も融資の審査に落ちていることも問題となります。というのも、審査に落ちたという情報も信用情報機関に記録されるからです。当然ですが、申込者の信用情報を照会するときに他社のカードローンの審査に落ちたとか、申し込み情報などを得ることになります。審査に落ちたという情報は、何か問題があるのではと思ってしまうでしょう。消費者金融会社や銀行はそのような事実を重視して、他社に融資しても審査に落ちたということから、それではこちらも融資を控えようということになるのです。この審査に落ちたという情報は半年間は信用情報機関に保持されるということですから、審査に落ちたら向こう6ヶ月間は新たな融資の申込みをしても審査に通る可能性は低くなると考えていいでしょう。もっとも、銀行や消費者金融会社によっては他社の融資の審査に落ちたという事実を不問にしているところもありますから、その点を考えると難しいところです。一般的には審査に落ちると立て続けに融資の申込みはしないほうがいいと言えます。

 

属性を良くする

これは一朝一夕でよくなるわけではありません。派遣社員よりも正社員のほうが属性は高いですから、正社員になるように努力するということになりますし、勤続年数が多いほうが属性は高いのですがこれは時間の経過を待つしかありません。そのほかには、住居が賃貸よりも持ち家のほうが属性が高いのですが、住居を買わなくてはいけませんからこれの実現性は限りなく低いでしょう。年収を上げると属性が高いのでは?と思いがちです。これはイエスでありノーとも言えるのですが、一概に収入が高くてもそれ以上に借入れが多くては審査に通ることはできないのです。そして多重債務の問題です。多重債務があるとどうしても審査に通りにくくなるのです。銀行にしても消費者金融会社にしても借金の返済に借金そしてその返済に充てているのでは?と勘ぐられてしまうからです。それと多重債務となると借金癖があるのではないかと思われるのも大きいでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

何が何でも借りたいときは

カードローン会社に融資の申込みをするときは、まずは銀行、それから消費者金融会社でも大手の金融業者に融資の申込みをすると思います。借入額もできるだけ多く、と思いたいところですが、あまり沢山の融資をお願いすると審査に通らないことが多いです。また、在籍確認の電話をする消費者金融会社もありますから注意したいところです。審査基準は消費者金融会社によってマチマチです。住宅ローンも審査の対象にすることもあります。これは住宅ローンがあると家計が厳しいのではという考えからです。借り入れ額や借入件数も問題視します。これはいわゆる多重債務常態かどうかを判断するのですが、多重債務の場合は銀行系カードローンはもちろん、消費者金融会社のカードローンでも審査NGのケースが多いと思います。理由は、多重債務というと借金癖がついていると思われるからです。様々なカードローン商品がありますが、個人向け融資の歴史があり、たくさんのノウハウを蓄積している消費者金融会社のカードローンがおすすめです。消費者金融おすすめはたくさんあるのですが、審査の通りやすさを考えると不動産担保ローンがいいでしょう。多少属性が低くても担保がものを言ってくれます。しかし、不動産がある場合ですから、限られるかもしれませんが、審査に落ちてばかりという人で不動産がある人は不動産担保ローンの検討をおすすめします。

 

とにかくありとあらゆることを考える

勤続年数が1年でも多いほうが審査には有利となります。新年度になると勤続年数を1あげることができるので(自己的な考えですが)これも大きな効果となります。また、銀行担当者と懇意であれば頼み込むこともできるかもしれません。それで、審査に通るか通らないかはわからない、という人もいるかもしれませんが、審査にGOサインを出すのは最後は担当者なのです。カード会社はお金を融資して収益をあげているのですから、少しでも多くの申し込み者に融資をしたいと考えています。ですから、個人信用情報に問題がなければ属性が多少低くても融資を受ける可能性は高くなります。多重債務に苦しみ返済ができなくなると、その先は債務整理にとなってしまうので、そういった危険性がある人はおまとめローンも検討してみましょう。おまとめローンの場合、これも目的ローンですから、総量規制の対象外となり、より多くの融資を受けることができます。限度額が設定されているのですが、限度額ないで多重債務が全て返済できるようでしたら、おまとめローンを利用する価値は大きいです。

 

▲メニューに戻る

 

ひょっとしたら金融事故を起こしているかも…

金融事故を起こしているかも…自分のことは自分が一番よく知っているわけではありません。信用情報機関が持っている情報が一番正しいのが金融業界の常識です。一番偉いところというわけではないのですが、全ての情報が集約されている場所ですから、その信用情報はまさに門外不出の情報なのです。そのような情報の中身を一般の人が知ることはありません。しかし、それでも手があるのです。それは自分の情報を知るために、信用情報記録開示書を提出することです。これを提出すると、信用情報機関も開示書の内容に不備がなければ信用情報を開示しなくてはいけないのです。どのように記載されているのかはわかりませんが、それで事故情報があるのかどうかを知ることができます。これは、債務整理などで金融事故を起こすとします。その情報は向こう5年は記録されることになるのですが、5年経ったときに本当に記録が消えているのかをチェックするために信用情報記録開示書を提出することで調べることができるのです。

 

金融事故はすなわちブラックということですが

ブラック状態の人は融資を受けることはできないのでしょうか。実はブラックの人に融資をしてはいけないという法律があるわけではありません。しかし、ブラックというのは自己破産も含まれます。自己破産は借金が帳消しされます。ということは融資をした債権者に多大な迷惑をかけることになるのです。そういった意味では社会的制裁を受けなければいけません。借金もなくなっているわけですから、当然ですし、融資をある一定の期間できなくなるのです。債務整理は借金の返済はしなくてはいけまぜんが返済しやすいように金利が低く設定されます。また多重債務も一本化されて一度で返済するようになるので、返済自体が楽になるのです。もちろん良いことばかりではなく、ブラックですから、新たな借り入れはできません。それでも融資してくれるところがあるというと驚くことでしょう。街金などの小規模な消費者金融会社はそもそも信用情報機関に加盟していなく、申し込み社がブラックかどうかもわかりません。そのため少額融資になるかもしれませんが融資を受けることができるのです。そのときは連絡先がしっかりしていること、定住していることが最低条件となります。

 

▲メニューに戻る